丸一型日付印

旧外地(樺太)

 樺太の丸一印については、以下の資料を参照すると良い。
  樺太の郵便/山下精一著 【樺】
  電信電話専業局所リスト
 
郵便用の丸一印は存在しない(丸二印、櫛型印のみ)。軍用通信所がのちに公衆電報取扱をしたことによる丸一電信印だけが存在する。ただし、その型式はマチマチであり、局によって左書きであったり右書きであったりする。また、「明治」がついていたりいなかったりする。実際の印影を見て頂いたほうが早いだろう。コルサコフ以外は実質使用期間2〜3ヶ月なので、オークションに出てくることさえも稀である。

日本名 型式 軍用通信所設置期間 最古 最新 櫛型印最古 サンプル
大泊 樺太/コルサコフ
右書き/右書き
年号は「明治」なし右書き
38.11.01-40.03.31 38.11.- 39.12.30 40.2.18
真岡 樺太/マウカ
左書き/左書き
年号は「明治」入り右書き
39.06.01-40.03.31 39.7.9 ジ102-244
39.9.21
40.3.27
豊原 樺太/ウラジ(ミロフカ)
左書き/左書き
年号は「明治」入り右書き
39.06.01-40.03.31 39.8.23 シ36-209
39.12.22
久春内 樺太/クスンナイ
左書き/左書き
年号は「明治」入り左書き
39.09.15-40.03.31 39.10.24