丸一型日付印

漢字バラエティ(国名)

 現在の字体、つまり常用漢字は昭和56年に定められたが、その元になっている当用漢字、いわゆる新字体は昭和21年に定められた漢字である。したがって、丸一印使用時期は、当用漢字制定前に標準として使用されていた字体、いわゆる旧字体を使用している。
 また、音読みも意味(訓読み)も同じなのに、字体だけが異なる漢字が存在する。標準的な字体(正字)に対してこれを異体字といい、正式な局所名に対して印顆で異体字を使用している事例が数多く見受けられる。同一局での正字異体字の漢字バラエティも多い。
 これら旧字体異体字は、通常使用している字と異なるため、慣れないと読めなかったり、戸惑う可能性がある。また、これを公開することにより、漢字バラエティの発見にもつながる。ここでは、丸一印で実際に使用している旧字体異体字を表にまとめ、画像を紹介する。
 なお、特殊な例として、
旧字体でも異体字でもない単に似た字を使用していたり、明らかに誤刻と思われる例もあり、合わせて紹介する。


国名 (1)誤刻およびそれに近いもの
標準 バラエティ 局名 印影(左が標準) 局名 印影(左が標準)
飛騨 飛弾 高山 上宝西
角川 桑野
⇒ただし、「飛弾」は当時の告示で多数見つかっており、
誤刻と断定するのは早計である
飛騨 飛駅 ○山 「騨」→「驛」
(「駅」の旧字体)
播磨 播摩 明楽寺 魚橋 田41
播磨 播广 國包 M94-1334
M145-2138
安志 田41
網干 曾根
M97-304
前ノ庄
羽後 羽后 市条 松嶺
豊後 豊后 佐伯
肥後 肥后 日奈久 島子


国名 (2)旧字体使用
新字体 サンプル 旧字体 サンプル 割合[両,新,旧,未](※)
千島 千嶋 7,0,1,6
渡島 渡嶋 16,8,6,31
下総 下總 14,33,5,52
上総 上總 8,20,6,32
壱岐 壹岐 2,0,3,5
摂津 攝津 未調査
(旧字体は少ないが「大阪」「大阪川口」「大阪堀江」「神戸兵庫」「三宮」「伊丹」「茨木」などを確認)
武蔵 武藏 未調査
(旧字体は「隅田」「深谷」のみ確認)
臺湾 臺灣 未調査
(「湾」のほうが少なそう)
安芸 未発表 安藝 -
伊予 未発表 伊豫 -
胆振 未発表 膽振 -

※私とH.Endo氏が協力して調査した(左から順に)「両方使用局数,新字体のみ使用局数,旧字体のみ使用局数,印影未確認局数」を示す(04/11/22現在)

国名 (3)異体字使用
標準 サンプル 異体字 サンプル 割合
田40
田40
「美濃」がほとんど
(異体字使用は「芥見」「笠松」「岐阜」などを確認)
美作 K.H氏
田40
田40
どちらも多い
「生」が「幸」になったものも多い
ハッキリしたものは未確認
一番上の横棒が見えない
「遠江」は少ない
陸前国では「陸前」は少ない
羽前国、越前国、備前国、筑前国、豊前国、肥前国でも両方使用
「相模」は少ない
「紀伊」は少ない
旧区内で「武蔵」は「支局」入りのみ
それ以外の区域でも「武蔵」は少ない
田40
田40
データが少なく不明
田40
田40
「鳥取」のみ?