丸一型日付印

初期、便空を電信使用した郵便電信局

 郵便電信局の電信印として、初めは二重丸電信印しか認められていなかったが、
明治22年2月14日以降は便号空欄印も認められるようになった。しかし、実際に便号空欄印を使用した郵便電信局は少なかったため、それらの局名と使用開始日を調査する。また、明治23年4月30日を以て、二重丸電信印の使用が禁止になったため、明治23年5月1日以降は、全ての郵便電信局で、電信印として便号空欄印を使用した。したがって、明治23年4月30日以前に便号空欄印を使用した郵便電信局を調査する。

国名 局名 郵便電信局
開局日
空欄印最古 印影(参考)
近江 長濱 20.12. 1 22. 2.23 史12 22.6.26
陸奥 青森 20. 4. 1 22. 2.25 史12 22.5.15
羽前 山形 21. 5. 1 22. 5.23 史12
土佐 高知 20. 6. 1 22. 7.8 Yahoo
讃岐 丸亀 22. 9. 1 22.10.12 史12 22.9.20
遠江 見附 22.10.16 22.11. 3 史12
薩摩 鹿児島 22. 9. 1 23. 2.27
越中 富山 20. 1. 1 23. 3. 3
尾張 名古屋 20. 6. 1 23. 3. 7
長門 赤間関 21. 1.20 23. 3. 8
摂津 神戸兵庫 23. 3.16 23. 3.20
駿河 静岡 22. 9. 1 23. 3.25 史12 23.4.22
下総 千葉 22. 4. 1 23. 4. 1 史12
若狭 小濱 23. 4. 1 23. 4.19 史12