消印のページ

祝CD出版・11万アクセス記念画像
告示されずじまいの越前森田局(T.S氏提供)

11万アクセス達成、オメデトウございます!
CDに盛り込まれた北陸の新知見、ご紹介します。

明治初期は、局の改廃の都度告示が出る訳でなく、
毎年上梓される規則書付帯の局名録と年数回の追録があるだけでした。
1.新版に初めて盛り込まれた部分
2.時折現状に合致させるべく作成された別表
の2つが、この時期の告示の実態です。
告示後の開局または廃局は次の告示で反映される訳ですが、
告示〜告示間に開局かつ廃局となった場合はどうなるのか?
 その答がコレ。
 
 明治9年局名録は、5月と8月に追録が行われましたが、
越前森田局は6月1日開局で、6月28日廃局(稲多へ移転改称)。
とうとう告示されずじまいになりました。
 ところがどっこい、エンタという物証が残されていました。
逓博所蔵の郵便線路図を分析した結果、
局の存在と無告示の事情がようやく明らかになったものです。
200%拡大
本差立印は、稲多と改称後に森田局の印を流用したものと思われる
ご協力
福井県FY氏
福井県NM氏
北陸郵趣連盟
逓信総合博物館